産後のお腹のたるみ

産後ママのお悩みの一つにお腹のたるみがあります。

妊娠中赤ちゃんの成長とともに、何倍も大きくなっていたので、産後にたるむのは当然です。

しかし女性なら出来るだけ早く、産前のボディーラインを取り戻したいですよね?

そこで産後のお腹のたるみについて書いていきます。

 

産後のお腹のたるみの理由

お腹のたるみの原因はいくつかあるのですが、一番は単純に皮膚そのものが伸びているということです。

妊娠中は赤ちゃんの成長でお腹は大きくなります。

そうするとお腹の筋肉や皮膚が伸びますが、出産によりお腹から赤ちゃんがいなくなると、筋肉や皮膚は伸びきったゴムのようになります。

また産後で骨盤が開いて、内臓が下がったり、お腹周りに脂肪がつきやすくなる事で、お腹周りがもたついたようになります。

 

焦らず6ヶ月かけて戻していく事

早く体型を戻したいと思う気持ちもよくわかりますが、焦らず、6ヶ月くらいかけてゆっくり戻していくイメージで取り組むといいでしょう。

良く出産が近ずくとお腹が下がると言いますが、赤ちゃんを外に出すために、骨盤が開き子宮も下がってきます。

開いた骨盤や下がった子宮、内臓は6ヶ月かけて元の位置に戻ろうとします。

その6ヶ月間に取り組んでいく事は骨盤矯正とエクササイズです。

 

お腹のたるみを産後骨盤矯正で改善

まずお腹のたるみを改善するのに大事なことが骨盤の矯正です。

産後骨盤矯正で骨盤を正しい位置に戻し骨盤を引き締める事。

骨盤を元の位置に戻してあげると、骨盤周りやお尻、脚、お腹を正しく使えるようになり自然と筋肉が引き締まりやすくなります。

筋肉が上手に使えてくると、カラダの代謝も上がり余分な脂肪も付きにくくなります。

また骨盤ベルトを一緒に使うと効果も上がりやすいですよ。

 

簡単骨盤エクササイズ

産後骨盤矯正と並行して行いたいのがエクササイズ。

エクササイズを取り入れる事で、骨盤の引き締め効果が格段にアップします。

簡単な骨盤エクササイズを2つ紹介します。

お尻ウォーク

①床に足を前に伸ばして座る

②背筋を伸ばし、そのままお尻で歩くように前に10歩

③元の位置に戻るように後ろに10歩

これを3セット行います。

骨盤周りの筋肉がバランスよく使われ、骨盤を正しい位置に誘導してくれます!

ドローイン

①足を揃えて真っ直ぐ立つ

②お尻の穴を締め、お尻の筋肉も締める

③お尻を閉めたままお腹をヘコませ10秒キープ

これを5セット行う。

ヒップアップ効果と、妊娠出産で弱ったお腹の引き締め効果大!

 

この3分エクササイズを毎日行いましょう!

 

食事制限には気をつけて

女性の1日の消費カロリーは1800〜2200kcalで、授乳を行うと600kcal多くなります。

食事のバランスに気をつけて、このカロリーは取るようにしましょう。

このカロリーを大きく超えて食事をしてしまうと、単純にカロリーオーバーで脂肪がついてしまいますし、少ないと母乳の出やママさんの体調にも影響するのでこの数字を意識するといいでしょう。

ちなみに母乳にも良く、ダイエット効果も高い食材として

豆腐、海藻類、根菜類、白身の魚です。

しかしバランスが大切なので、色々なものを取るようにしましょう。

 

最後に

妊娠出産をすると体型が崩れてしまうイメージがありませんか?

それは骨盤ケアや対策を正しく理解し、適切に行われていないからです。

産後は骨盤が柔らかい時期です。

この時期に正しく対応する事で、むしろ産前のよりキレイなスタイルを手に入れる事もできるのです!

 

産後トラブルや、体型のお悩みがあれば、気軽にご相談ください。

きっと力になれると思います。

 

産後骨盤矯正について詳しくはこちら

産後骨盤矯正

産後骨盤矯正に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加