一応残している(脊柱管狭窄症)

脊柱管狭窄症なら豊中・蛍池の美骨整体KIRARIへ

脊柱管狭窄症の痛みやしびれは手術しなければ治らないと思っていませんか?

病院の先生からMRI画像を見ながら「脊柱管が狭くなっていて、神経を圧迫しているから」痛いと説明をうけて不安になっておられる方も多いと思います。

しかし痛みやしびれの症状と、脊柱管の狭窄の因果関係ははっきりと認められていないのが現状です。

MRIなどの画像診断で脊柱管の狭窄がみられる方でも、痛みやしびれの症状が表れていない場合や、手術をしても、脚のしびれや痛みが残っている方も沢山いらっしゃいます。

美骨整体KIRARIでは脊柱管狭窄症の症状改善には、カラダの歪みと筋肉が大きく関係していると考えます。

そもそも脊柱管狭窄症とは?

背骨は椎骨という骨が、24個積み重なってできています。

この背骨には、首から腰にかけて縦に管(脊柱管)が通っています。

この管(脊柱管)が何らかの原因で狭くなって(狭窄)神経を圧迫し、痛みが出ると考えられています。

しかし、MRIなどの画像で神経の圧迫がみられても症状が出ない場合や、手術で圧迫部位を取り除いても症状が引かない場合もあります。

最新の研究では、神経圧迫が脊柱管狭窄症の痛みやしびれを引き起こしているのではないことが分かってきています。

脊柱管狭窄症の禁忌

腰を反らす

脊柱管狭窄症は、腰を反らすような動作をしてはいけません。

脊柱内の狭窄している部分がますます狭くなって、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

腰を捻じる

腰が痛いからと言って、捻じるような動作も辞めましょう。

腰を反らす動作と同様に、狭窄部位に負担を掛けてしまいます。

あぐらをかいて座る。

この動作は腰を反らすとは反対に、腰を丸めすぎてしまいます。

胡坐は狭窄部位の圧迫ではなく、痛みを出している腰の筋肉に大きな負担となり、筋肉のこわばりに繋がってしまいます。

一方で脊柱管狭窄症にとって、行うと良いストレッチや運動もあります。

当院は一人ひとりのカラダの状態にあった運動指導を行っております。

当院が考える脊柱管狭窄症の根本原因

「脊柱管狭窄症」と診断されたほとんどの方は、脊柱管内の神経圧迫で腰や脚に痛みやしびれが生じているのではありません。

美骨整体KIRARIでは、脊柱管狭窄症によるつらい症状の根本原因は筋力低下からの骨盤の歪みであり、その結果筋肉が硬くこわばってしまうことが症状を出していると考えます。

つまり、腰やお尻、太ももの筋肉が硬くなっている状態です。

このように、コリやこわばりなど、筋肉が硬くなることによって痛みやしびれを引き起こしている症状を、MPS(筋筋膜性疼痛症候群)といいます。

整形外科では一般的に、レントゲンやMRIなどの画像を基に痛みの原因を探っていきます。

筋肉はレントゲンに写る事はないため、脊柱管狭窄症による痛みの原因が筋肉であるとは考えないのです。

腰回りの筋肉がこわばる原因

腰の構造

全身の骨格は筋肉によって支えられ、正しい姿勢をキープしています。

しかし加齢などで筋力低下が起こり、カラダを支えられなくなってしまい、カラダは歪んでしまいます。

とくに骨盤はカラダの土台にあたる部分です。

この骨盤が歪むと、柱である背骨まで歪んでしまい、筋肉へかかる負担が大きくなってしまいます。

背骨が歪み、脊柱管は狭くなり、筋肉は硬くなっってしまう事で痛みやしびれを引き起こしてしまいます。

当院の脊柱管狭窄症へのアプローチ

①カラダの歪みを整えます!

筋肉のこわばりを引き起こしている、カラダの歪みを整えていきます。

カラダの歪みは骨盤の歪みに起因しているため、骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正を行うことで、背骨の歪みも整い、脊柱管内の圧迫部位の除圧も期待できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②こわばっている筋肉をほぐす!

脊柱管狭窄症の痛みやしびれを出している、筋肉のこわばりを取っていきます。

痛みやしびれが出ている部分から、どこの筋肉によるものなのかを考察し、ストレッチや運動療法、徒手による施術で丁寧に緩めていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③セルフケアで状態キープ!

筋肉を緩め、骨盤を整えるだけでは、またカラダは歪み、筋肉はこわばってしまいます。

症状が改善された状態をキープしたくないですか?

当院では、筋力が弱い箇所に対して、簡単エクササイズをレクチャーしてしています。

脊柱管狭窄症でお悩みの方の場合、腰や股関節周りの筋力アップは必須です。

強い筋肉はこわばりにくく、痛みやしびれの再び出ないための予防になります。

患者様一人ひとりのライフスタイルや、体力にあわせて無理なく続けていけるよう指導していますのでご安心ください。

根本原因に対する「骨盤矯正」

症状に対する「本格整体」

再発予防の「エクササイズ」

で脊柱管狭窄症を改善します!