産後 開いたままの骨盤

①開いたままの骨盤

痩せにくいカラダになってしまうのは、開いた骨盤が原因です。

産後、骨盤が開いたままでいると、カラダが「妊娠中」だと錯覚し、カラダに脂肪や水分などの栄養素を蓄える作用のあるプロゲステロンというホルモンをたくさん分泌します。

本来、赤ちゃんの成長に必要な栄養や水分ですが、必要がないので蓄積されて脂肪やむくみとなり、燃焼されない痩せにくいカラダになってしまいます。

早い段階で、産後骨盤矯正で骨盤を締めることでプロゲステロンの分泌を抑える手助けをします。

②歪んだ骨盤

尾てい骨や恥骨、股関節、腰の痛みなどは歪んだ骨盤が原因です。

骨盤が歪んでしまっている為、尾てい骨が出っ張り、当たってしまう事で痛くなったり、重心が左右均等でないために、恥骨や股関節の痛み、腰痛に繋がってしまいます。

骨盤はカラダの土台。

この土台が歪むと、背骨まで歪んでしまい頭痛や肩こりにも繋がってしまいます。

さらに骨盤が歪んでいることにより、脚への血流も悪くなり、むくみや冷えにも繋がります。

産後骨盤矯正で骨盤を締めることは、カラダの土台を安定させ、不調の早期解消につながります。

③筋肉の緊張やゆるみ、筋力低下

ぽっこりお腹、尿漏れなどは筋肉が原因です。

妊娠中は大きなおなかで筋肉がゆるみ、また腹筋群を使わないことで筋力低下も起こっています。

筋肉の緊張やゆるみ、筋力低下などのアンバランスで骨盤を支えることができず、さらなる歪みや不調を引き起こしてしまいます。

産後の不調を改善するためには、骨盤を整えるのはもちろん、この筋肉の不調も改善し、正常な働きに戻していくために、産後骨盤矯正はとても重要と言えます。

美骨整体KIRARI

〒560-0032大阪府豊中市蛍池東町2-5-2イルフィオーレパオ1F