慢性的な腰痛でお悩みの方へ

加藤さん 腰

「痛み止めを飲んでしのいでいる」

「湿布を貼ってごまかしている」

などつらい腰痛でお悩みではないですか?

腰痛は男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、年々増加傾向にあります。

カラダを動かしたときだけでなく、安静にしているときにも痛みが出る、それが腰痛です。

腰痛は、一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる急性腰痛と、痛みが強くなったり弱くなったりを繰り返す慢性腰痛とにわけられます。

腰痛のうち、原因が特定できるものは全体の15%といわれ、代表的なものに腰椎圧迫骨折や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などがあります。

しかし、残りの85%はレントゲンやMRI、CTなどの画像診断をしても原因が特定できないといわれています。

豊中・蛍池の美骨整体KIRARIには、長年の慢性腰痛にお悩みだった方が当院の整体施術を受け、痛みやストレスなく過ごされている方がたくさんいらっしゃいます。

あなたもその腰痛の原因を知り、根本から改善しましょう。

腰の動きと構造

腰はカラダの中心にあり、カラダ全体を支えるだけでなく、様々な動きの要です。

カラダを曲げる、捻るなどの動きや上半身を支えたり、カラダの重要な動きを担っているのですが、その分負担がかかりやすく、ケガや痛みを起こしやすい部分です。

人間のカラダの中心には骨盤を土台としてその上に積み木のように背骨が立っています。

そしてその骨盤と背骨を支えているのが筋肉です。

腰痛の根本原因

腰痛のほとんどは腰痛症と呼ばれるもので、レントゲンなどの画像では骨や関節に異常がなく、筋肉の緊張や炎症が痛みを引き起こしています。

当院の腰痛に対する考えは、加齢や運動不足、デスクワークの増加などにより腰回りの骨格を支える「筋力の低下・緊張」と、それにともなって起こる「骨盤と骨格の歪み」の二つが腰痛の主な原因と考えています。

筋力の低下はレントゲンやMRIでは判断できないため、その段階で画像診断を行っても原因はわからないのです。

そのまま痛みを放っておくと、「筋力低下」から「姿勢の歪み」へと状態は進行してしまい、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、脊柱管狭窄症となるリスクが高まり、どんどんと悪化の一途を辿ってしまいます。

放っておいても治ることはありません。

姿勢改善が腰の痛み解消のカギ!

慢性的な腰の痛みでお悩みの方は例外なく姿勢が悪くなっていることが特徴です。

猫背であったりO脚やX脚の方もいます。

先程述べたように、このような身体の歪みは骨盤と背骨に由来し、その歪みは直接腰の痛みを出しています。

腰が痛いからと言って、腰だけ施術していても改善されないことの方が多いと思います。

猫背やO脚などカラダ全体の歪みをとらえ、整えていき姿勢を改善していくことで、骨盤やカラダの歪みが整い痛みはきえていきます。

おすすめセルフケア

腰が痛い時にご自身で、患部である腰に直接ストレッチや無理やり腰を回したりはしないでください。

私のおすすめは腰から遠い足首からはじめて、アキレス腱やふくらはぎ、太ももの表と裏というように徐々にうえに向かってストレッチしていくことです。

もし「ストレッチの方法を詳しく知りたい」「自分の腰の痛みの相談をしたい」などありましたら下記のLINEよりメッセージを頂ければ症状に合わせて詳しくお伝えさせていただきます。

メッセージを送る

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40cwi9623y

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事