外反母趾ってどういう状態?

今日は足の指のお話です!

みなさん、外反母趾(がいはんぼし)
という言葉を聞いたことありますか?

外反母趾とは?

これは足の親指の付け根が
内側にボコッと出ており
親指の先が小指の方に向いている
状態のことを言います。

ヒールなど幅の狭い靴を
履いている方に多くみられますね!

気づいたらそうなっていたし
昔は痛かったけど今は痛くないという方
いらっしゃいませんか?

外反母趾になると

実は外反母趾を放っておくと
姿勢が崩れやすくなり
腰痛や肩こりの原因になります。

なぜ姿勢が崩れやすくなるのか?

それは外反母趾になると
足の指の力が弱くなってしまうからです。

足の指の力が弱くなると
足の骨格を支える力が弱くなるので
ゆがみが生じやすくなり
それが姿勢を崩す原因となってきます。

⚫︎姿勢が悪くなってきたな
⚫︎腰痛が治らなくなってきたな
⚫︎肩こりがひどいな

こういったことにお悩みの方
まずご自身の足の指を見てみましょう!

外反母趾になっていませんか?
少しでもそういった傾向はありませんか?

自分ではわからない方
外反母趾になっているという方
是非、豊中市蛍池の美骨整体KIRARIまで
ご相談下さい!

当院は足の治療に力を入れております!
私たちといっしょに足の骨格から治し
お悩みのない体づくりを
目指していきましょう!